老若男女

腸に届く乳酸菌とは

乳酸菌は様々な健康効果を持っていて、ヨーグルトやサプリメントなどを利用し、多くの方々が日々の健康に役立てています。
乳酸菌は腸内環境を整えるなど、腸内細菌として働きますが、よく、腸まで届くという言葉が乳酸菌のコマーシャルなどで言われています。

食べ物を食べれば胃、腸で消化され大腸を通り排出されるということは皆さんご承知だと思いますが、なぜ、腸に届くという言葉を利用するのでしょうか。
乳酸菌というのは酸に弱い特徴を持っています。
食べ物を消化するために、胃酸などの消化液でとかし腸に送るのですが、胃酸などの消化液に弱い乳酸菌は、この段階でほぼ死滅してしまうといわれています。
現在、死んだ乳酸菌も体内で有用な働きをしているのではないかと、研究がすすめられていますが、腸内まで「生きて届き滞在する」ということが腸内環境をよくする秘訣となるのです。

腸内環境を正常化させる、健康的な状態を保つためには、生きたまま腸に到達しそこで善玉菌としての仕事を行うことが必要なのです。
動物性の場合、胃酸に弱いものが多いのですが、植物性乳酸菌は、ほとんどが酸や塩分に強いという性質を持っています。
すぐき漬けなどから見つかったラブレ菌などは、胃酸にも胆汁酸にも塩分にも強い乳酸菌として知られています。
また、乳酸菌はアレルギー改善効果もあるので驚きですね。