老若男女

摂取時期に関する乳酸菌対応

保育園やご高齢者の施設などでも、ヨーグルトなどから乳酸菌を積極的に摂取し、病気に負けない体づくり、免疫力の高い体づくりを行っています。
乳酸菌は様々な健康効果があるので、継続的にしっかり摂取していきたいものですが、毎日食べるにしても、皆さんいつごろ食べているでしょうか。

乳酸菌はよく、生きたまま腸に届かないと腸内で善玉菌を増殖させ、悪玉菌の増殖を抑制することができないなどといいます。
生きたまま腸に届くことで、腸内環境を改善、また維持してくれるということです。
そこで、いつ食べるかということが重要になるのです。

忙しい一人暮らしのサラリーマンやOLさんに聞いてみると、朝時間がないけどヨーグルトだけ食べてきたとか、寝坊したからヨーグルトドリンクだけ飲んだという話を聞くことがあります。
人の体が一番空腹状態である朝に、乳酸菌を摂取しているということです。

食べ物を食べると胃酸が出てきて食べ物を消化しようとします。
ということは、胃の中に入った最初の食べ物がヨーグルトであるなら、「一番強く胃酸によって溶かされる」ということになります。
いくら胃酸に強いタイプの乳酸菌であっても、こうした状態では死滅する、弱ってしまうものが多くなります。
せっかく乳酸菌を摂取するのにこれではもったいないです。
ヨーグルトなど乳酸菌を体内に摂取する場合は、「食事を行ってから」摂取すること、これがとても重要なのです。
健康効果の高い乳酸菌をよりよい状態で腸内に送り込むために、ぜひ、時間を考えて摂取しましょう。
乳酸菌サプリメントのランキングについても参考にご覧ください。