老若男女

乳酸菌の生産物質の詳細

乳酸菌生産物質というのは、乳酸菌そのものではなく、その発酵過程で菌による作用から生まれる物質を総称したものが、乳酸菌生産物質と呼ばれます。
乳酸菌が体内で増加しようとする際に、体内の代謝によって分泌される物質のことを総称しています。
乳酸菌の場合は、善玉菌によって発酵代謝産物を利用し腸内フローラを介さず直接作用する力を持った物質を乳酸菌生産物質といいます。
元の菌とは全く違う物質になっています。
体内ではこうした代謝により元の菌とは全く異なる働きや特徴を持った物質を生み出し、生命の維持に利用しているのです。

通常この代謝物質は体内作用によって作られるのですが、現代は体内と同じような環境を体外で作り、そこで相性のいい乳酸菌を複数培養しこの生産物質を取り出すことに成功しています。
人の腸内環境と同じような環境を体外で作るということは非常に難しいことで、しかも100種類以上という数の菌が複雑に存在している腸内の様に、簡単に代謝できるということはありません。
人工的に腸内環境を作りだし、体内と同じように代謝物質、生産物質を作り出すということは容易なことではなかったのです。
でも、こうした物質が配合されたサプリメントを目にしたことがあるという方も多くなってきているでしょう。
利用した菌によってその効果の違いがありますので、説明をよく読み利用しましょう。