老若男女

善玉菌を増加する乳酸菌パワー

腸内に悪玉菌が多いと、下痢や便秘が多くなる、繰り返す、最悪、発がん物質を作り出してしまうので、ガンリスクを高めるなどいいことはありません。
腸内環境を整え、常に善玉菌が多い状態にするためには、乳酸菌の摂取が欠かせません。
乳酸菌を毎日体内に取り入れることで腸内に定着、そこで善玉菌を増加させ悪玉菌よりも優位に立つのですが、この増加させる過程で、大切なことが「生きたまま腸に届く乳酸菌」を摂取し、食物繊維やオリゴ糖を積極的にともに摂取するということです。

胃酸や胆汁酸などの消化液に強い乳酸菌を摂取することで腸内で元気に働き、善玉菌を増殖させる乳酸菌を定着させることができます。
長く元気に定着させるためには、乳酸菌のエサが必要です。
このエサとなるのが食物繊維やオリゴ糖です。
最近は、乳酸菌サプリメントなどの場合、食物繊維とオリゴ糖を乳酸菌と共に配合しているものも多くなっています。

こうしたサプリではなく、ヨーグルトなどで摂取を考える場合、まず食物繊維豊富なバランスのいい食事を行い、最後にデザートとしてヨーグルトを摂取するといいでしょう。
生きたまま腸に届く乳酸菌も、食べ物の後に胃の中に入っていけば、消化液に直接多くが溶かされることなく、より多くの乳酸菌が腸に届きます。
ともに摂取した方がいいい食べ物、成分、さらにいつ摂取するかをよく考え実行すれば、善玉菌をどんどん増加させることができます。
乳酸菌をかかせない年齢層についても参考にご覧ください。