老若男女

日本食で腸内環境を快適

ファストフード、コンビニ、手軽に脂質の多い食べ物を摂取できる世のなかです。
食卓にはいつも脂質が多い食事が並び、昔ながらの和食は好まれなくなってきています。
子供たちなどはハンバーグ、カレー、スパゲティ、ステーキなど養殖が大好きです。
でも現代の子供たちの中には便秘に悩まされたり、おなかを壊しやすかったり、腸内環境が乱れているお子さんも非常に多いといわれています。

和食と言えば、ご飯に味噌汁、漬物に納豆、煮物に焼き魚など、海外の食事と比較すると非常にヘルシーです。
海外ではスローフードが注目されているため、和食ブームが起きているくらいの人気です。
納豆、味噌汁、漬物などは和食を代表する食品ですが、この和食を代表する食品の中に含まれているのが乳酸菌です。

日本では古くから発酵食品を保存食として食べてきました。
野菜は漬物、豆などの穀類は味噌、醤油、納豆、魚は鰹節などにして利用してきました。
このすべてに乳酸菌が含まれています。
特に注目すべきは、和食に利用されている乳酸菌が植物性だという点でしょう。

生きて腸まで届く胃酸などの消化液に強い乳酸菌は、植物性です。
一部、動物性の中にも、胃酸などの消化液に強いものが存在していますが、植物性はそのほとんどが胃酸や胆汁酸などに強い性質を持っているのです。
欧米食が多くなっている日本ですが、メニューの中に和食を取り入れるようにしていくと、自然に腸内環境をよくしてくれる乳酸菌をとりこむ食事となります。
また、乳酸菌のサプリメントも手軽でお勧めです。