老若男女

口臭が気になる人に乳酸菌サプリ

人と話をしているとき、その人の口臭が気になると自分も臭っているのでは?と心配になります。
満員電車などでも口臭がかなり強い人がいますが、実は35歳以上の方々のうち、実に70%以上の方が歯周病であり、そこから匂いが発生しているといわれています。

歯周病のもととなっている菌、「ジンジバリス菌」という菌などが影響し歯周病になるのですが、特にこのジンジバリス菌はひどい口臭を生み出すといわれます。
この口臭に乳酸菌が効果的ということを理解してほしいのです。
もちろん、歯周病菌を退治するためにはプラークコントロールを日々、行うということが大切になりますが、フローラコントロールを行うことで、口臭のコントロールができると報告されています。
フローラコントロールというのは人の体内にもともと滞在している菌類について、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすために行うコントロールです。

このフローラコントロールに利用できるのが、乳酸菌「LS1」です。
LS1は歯周病菌を殺菌するという効果があります。
乳酸菌はこれまで、口腔内に長く滞在すると、乳酸菌によって生成された乳酸によって口腔内が酸性になり、虫歯を作りやすくなるといわれてきました。
LS1の場合、ある程度の乳酸を生成するとその乳酸で自らが死滅するという特徴を持っています。
つまり、口の中に乳酸が残ることがないので虫歯の心配なく歯周病菌を殺菌することができるということです。

市販品ではLG21ヨーグルト、歯科医ではLS1タブレットなどを処方しています。
口臭が気になる方、歯周病予防に利用しましょう。
乳酸菌を多く含む食品についても知っておくと便利です。