老若男女

悪玉菌による体に及ぼす影響

腸内にはもともと、菌類が生息しています。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌が存在していますが、善玉菌は腸内を良好な状態にし健康に導く菌であるのとは逆に、悪玉菌は腐敗物質や発がん物質など腸に悪影響を与える物質を作り出すことが知られています。
日和見菌は腸内に善玉菌が多く良好な状態であれば、良い働きをし、悪玉菌が多く悪い状態であれば悪い方向に働きます。

悪玉菌と善玉菌は腸内で熾烈なバトルを繰り広げているのですが、便秘がち、おなかの調子があまり良くない、おなかを壊しやすいという人の多くが、腸内で悪玉菌が優位な状態となっています。
では、悪玉菌が実際に体にもたらす悪影響はどのようなものがあるでしょう。

主な悪玉菌はブドウ球菌、ウェルシュ菌、大腸菌などです。
これらの菌は腸内の腐敗を促進し下痢や便秘などを引き起こす、免疫力を弱めてしまう、発がん物質を作り出す、アンモニアなどの有害物質を生成します。
便秘や下痢を繰り返し行っていると腸の蠕動運動がうまくできなくなり、新陳代謝も落ちやすくなるため血流が悪くなり、ほかの臓器や器官にも悪影響を及ぼします。

悪玉菌を腸内で優位な状態にしないために利用したいのが乳酸菌などの善玉菌です。
乳酸菌はヨーグルトなどで手軽にいつでも摂取できます
腸内フローラのバランスをよくし、腸内環境をよくする、免疫力をアップさせる働きなどが乳酸菌にはあることがわかっています。
腸内環境をいい状態にするために、常に悪玉菌よりも善玉菌が優位な状態になっていることが望ましいのです。