老若男女

胃酸で溶けない植物性乳酸

最近人気のヨーグルトにラブレという商品があります。
このヨーグルトにはラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスという菌、呼称「ラブレ菌」という菌で、乳酸菌の中でも植物性の仲間です。

すぐき漬けという京都に古来から伝わるお漬物から発見された乳酸菌で、そのほかの乳酸菌と比較すると、塩分と消化液である胃酸や胆汁酸などに強いということがわかっています。
通常、乳酸菌は胃酸に弱く、摂取しても胃酸などに溶かされ、腸内まで到達するのが難しいといわれていました。
でもこのラブレ菌の場合、胃酸に強く塩分にも強いので、漬物の中にも豊富に存在でき、腸内までしっかり届くことわかっているのです。

死滅した乳酸菌も健康にいい効果を発揮するといわれていますが、免疫力の強い体にするためには、豊富な乳酸菌が常に体内に常在しているということが大切です。
やはり生きたまま腸に届き、そこで増殖してくれる方がより健康的な体作りに役立つということです。

毎日すぐき漬けをいただくのもいいですが、塩分が気になります。
ヨーグルトやサプリメントなどで効率よく継続的に摂取していくことが望ましいでしょう。
ヨーグルトの資質が気になるという方は、カロリーカットやコレステロールカットの物を利用しましょう。