老若男女

乳酸菌に関する働き

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌が棲息しています。
このうち、悪玉菌は腐敗を進めたり、毒素を作り出してしまったり時には発がん物質までも作り出す、いわゆる、腸内の不良たちです。
善玉菌は私たちが健康に生きていくために必要不可欠で菌の中では優等生です。
日和見菌は不良である悪玉菌が強くなればそちらに傾き、優等生が強くなれば優等生に傾きます。

善玉菌の代表選手として知られる乳酸菌は、いろいろな働きがあります。
まず乳酸菌は食べ物のブドウ糖や乳糖をもとに、乳酸や酢酸を生成します。
こうした「酸」を生成することで腸内を常に酸性にし、悪玉菌の増殖を抑制します。

調の蠕動運動を活発にする働きも持っているため、消化を促し、血液に栄養素を送り込みます。
これによって必要箇所に必要な栄養素が到達できるのです。
免疫細胞を活性化するという役割も持っています。
ナチュラルキラー細胞という免疫細胞(白血球)を活性化し、ウイルスが入ってこないように予防する、入ってきても即撃退し排除し、重症化させないようにしてくれます。

乳酸菌は今、アレルギー疾患の症状改善や、インフルエンザ予防などで高い注目を集めていますが、何よりも、継続的に摂取し、体内で滞在させるということがとても重要です。
ヨーグルトなどの食品で摂取が難しいという場合は、サプリメントなどもありますので利用していきましょう。
乳酸菌で免疫力を高めましょう。