老若男女

母乳を飲む赤ちゃんの体内は乳酸菌が沢山

母乳というのは実によくできていて、赤ちゃんが健康に成長できる秘密をたくさん持っています。
おなかの中にいる胎児は無菌状態です。
おなかの中から誕生する際、出産と同時に呼吸器や消化器官などから悪玉菌などが侵入します
そのあと、善玉菌が入っていくのですが、この善玉菌の強い味方となるのが母乳です。

赤ちゃんの誕生と共に腸内に入った善玉菌は急速に数を増やし、生後数日には腸内で焼く95%善玉菌が棲息している状態になります。
腸内は圧倒的に善玉菌が優位に立ち、抵抗力が少ない赤ちゃんを保護するわけです。
この乳酸菌のエサとなるのが母乳なんです。
実はこの母乳、悪玉菌のエサにはならない、でも善玉菌には最高のエサとなるようにできているのです。
母乳を飲む赤ちゃんと、ミルクを飲む赤ちゃんを比較すると悪玉菌の棲息率が10倍違う、といわれるほど、母乳は乳酸菌を増加させる働きを持っているのです。
母乳を飲んでいる赤ちゃんの便は粉ミルクよりもずっとすっぱい匂いがしますが、これは腸内に乳酸菌が多い証拠です。

現在の粉ミルクは研究が進み、赤ちゃんにとって必要な栄養価がしっかり含まれています。
でもやはり母乳が出る状態、赤ちゃんにあげられる状態にある場合は、母乳を飲ませて腸内に善玉菌が多い状態にする、乳酸菌がたっぷりある抵抗力の強い状態にすることが望ましいのです。
また、最近ではペット用の乳酸菌も注目されています。