老若男女

悪玉菌を乳酸菌で対応

腸内には腸内環境を良くしてくれる善玉菌、腸内環境を悪い方に導く悪玉菌、さらには普段何もすることなく存在している日和見菌がいます。
善玉菌の代表格と言えば乳酸菌ですが、この善玉菌が優位な状態にあることが、腸内環境が健全で、いい状態と言えます。

乳酸菌は最近、ウイルスや細菌類に強い体にしてくれるなど腸内環境を改善する効果のほかにもたくさんの働きが知られてきています。
免疫力向上のほか、抗炎症作用、コレステロール減少作用、アレルギー症状岡前、また乳酸菌には、悪玉菌の働きを抑制し、減少させるという効果があることをご存知でしょうか。

悪玉菌はその名の通り、悪いことをしてしまう菌類の総称です。
ガスを発生させたり、毒性の強い物質を作り出す、挙句の果てには発がん物質を作りだすということも知られています。
悪玉菌が腸内で優位に立っていると、普段は何もしない日和見菌類も悪玉菌と共に悪さを始めるので、常に悪玉菌を善玉菌である乳酸菌で抑え込んでおくことが必要なのです。

乳酸菌を継続的にしっかり摂取していくと次第に善玉菌の数が多くなり、悪玉菌を抑制し、排除し始めます。
善玉菌を有効的に増加させていくために、食物繊維やオリゴ糖を多く摂取し(食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌のエサとなります)腸内が常に善玉菌優位にしておけば、悪玉菌が増殖することもありません。
また、こちらでは様々な乳酸菌の種類について詳しく掲載されています。是非ご覧ください。