老若男女

植物性乳酸菌の種類を分析

乳酸菌には動物性と植物性があります。
動物性は私たちが古くから食べてきたヨーグルトやチーズなど、牛の乳などから作る加工品等に含まれていることが多い乳酸菌です。
このほかに、植物性の乳酸菌があります。
植物性の特徴としては「胃酸や胆汁酸などの消化液に強く、死滅せず腸内まで届き活発に働く」という点です。

例えばラブレ菌、これは「ラクトバチルス・ブレビス」という菌ですが、すぐき漬けという京都の漬物に含まれています。
京都は漬物の宝庫ですが、その中でも歴史が深く古くから京都で親しまれ食されてきた漬物です。
植物性乳酸菌の中でも、腸内到達率の高い非常い強い菌で、免疫力を高めてくれることで知られています。
同じく漬物やピクルスなどに豊富な乳酸菌、「L.プランタルム」も胃酸に強い菌類です。
箸休めに、お酒の御供に、お茶漬けに、昔から日本各地で親しまれてきたぬか漬けに多く含まれています。

味噌に含まれるT.ハロフィルスという菌は耐塩性が非常に強い菌です。
お味噌汁を飲む回数が多いという人は、「胃がん死亡率」が低いという報告がありますが、発がん物質の抑制に役立つといわれている菌です。
毎朝暖かいお味噌汁を飲むことは、胃腸を優しく起こすことにもなりますので、毎朝いただきたいものです。
人気の乳酸菌サプリメントについても参考にご覧ください。